top of page

簡易つまみ補助装具


片麻痺の方の母指と示指のつまみ動作では、臨床的に以下のような問題が観察されることが多いです。


・母指と示指が協調的に動かすことができず、示指が先行して屈曲してしまう

・母指の掌側外転が不十分で指尖つまみができず、横つまみになりやすい

・IPの屈曲が亢進してつまみ動作が拙劣


など、あくまで一例ですが悩むことは多いですよね。


そんなときに提案したいのが、ホースを使った簡易装具です。



①母指~示指の長さを測り、その長さのホースを用意します。そして、中央をはさみで切り

 ます




②中央を切ったところから、母指と示指をはめてみます。↓こんな感じです




③このままでも、つまみの補助装具になりますが、患者さんに使ってみると、ホースの抵抗 

 が強く、うまくつまみ動作を遂行することが難しいケースが多いです。

 そのため、下の写真のように上下部分を残し、少しカットします



④完成です





写真の症例では、手関節の背屈随意性も不十分であり、全指テーピングも併用しています。

ホースがないと、つまみはうまくできませんが、ホースを使うとお手玉をつまみやすくなりました。


キネシオテープに関しては、以前の記事をご覧ください


実際の場面ではさらに実用性を高めるため、電気刺激の併用もしています。


手関節に対しては軟性装具なども試しましたが、あまりフィットしないため、手関節の背屈をもう少し引き出したいという課題はある方です。



比較的簡易に作成でき、安価でもあるので、工夫次第では臨床応用しやすいかと思いますので、ぜひ試してみてください!


















閲覧数:66回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page