top of page
  • 執筆者の写真

【筋肉が硬くなる三つの要素:筋短縮編】

この三つの要素を知ると臨床能力は

グーンと上がります。


1.筋短縮


2.myofascial pain syndrome:MPS


3.Fasciaの癒着



この三つが筋肉の硬くなる由来であるわけです。




1.筋短縮について


筋肉の伸張性が低下し、伸びなくなった状態です。



経験ありますよね?前屈すると手が床につかない。



その際に、ハムストリングが痛い、突っ張ると感じたりしないでしょうか。



無論、これの原因は上記1.2.3どれも該当しますが、伸びないと思った際の伸張性低下は筋短縮が原因です。



これには何が有効か?



これは「ストレッチ」が有効となります。



ストレッチなんて素人だってできると思いませんでしたか?



ストレッチはやり方次第で爆発的な効果を生みます。



今回のストレッチはスタティックストレッチを用いて下さい。



ダイナミックストレッチはあまり効果がありません。



スタティックストレッチは起始停止をしっかりと押さえ、伸張していくことが重要となります。



一回のストレッチはⅠb抑制が働くため、一回15秒以上を目安に行って下さい。



伸張性を出すのであれば毎日30分程度必要かと思います。



根気がいりますよね。



大変ですが、やらなければいけないです。



ここからわかることは元々身体が硬い人は非常に短縮、拘縮のリスクが高くなります。



普段から身体が柔らかいというのはとてもいいことですよね。





是非、臨床の参考にしてみてください^ ^

閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page