top of page
  • 執筆者の写真

表層と深部の筋膜について

Narrative Review

Fascial Disorders: Implications for Treatment


著者名:Antonio Stecco, MD, Robert Stern, MD, Ilaria Fantoni, MD, Raffaele De Caro, MD, Carla Stecco, MD

より・・・翻訳しました。

すこし上手くできていないところもありますが・・・・

【表層の筋膜】


イタリアとドイツの学派によると、「表層の筋膜」は、皮下組織を表面的で深く、ゆるく組織化された脂肪に富む層に分割する線維層です。



それは、豊富な弾性繊維と混合された緩く詰められた織り合わされたコラーゲン繊維によって形成されます。



表在筋膜は体全体に存在し、Abu-Hijleh et al によると、体の部位、体表面、そして性別によって異なる配置と厚さがあります。



それは、上肢よりも下肢、体の前面よりも後部、そして男性と比較して女性の方が厚い。肉眼的には、表在筋膜は明確に定義された膜のように見え、メスで解剖することができます。



表在筋膜は、表在静脈およびリンパ管としっかりと接続されています。表在筋膜の内部には、体温調節で機能する皮下神経叢が存在します。



【深部筋膜】

「深部筋膜」という用語は、筋肉、骨、神経、血管を相互に貫通して取り囲み、これらすべての構造を固くコンパクトな連続した塊に結合する、よく組織化された高密度の線維層のすべてを指します。



骨の上では、骨膜と呼ばれます。



そして血管と神経の周りでそれは神経血管鞘を形成します。



関節の周りは、靭帯を強化します。



したがって、腱、神経血管鞘、および骨膜は、深部筋膜と連続しているだけでなく、同じ組織学的特徴を持っているため、深部筋膜の特定の特殊化と見なすことができます。



筋膜の厚さおよび下にある筋肉との関係に応じて、2つの主要なタイプの筋膜を区別することができます。



腱膜筋膜と筋膜上筋膜。


腱膜筋膜には、四肢の主軸に沿って整列したコラーゲン線維束が含まれています。



その結果、縦方向と斜め方向の両方で、深部筋膜は腱のように機能し、手足に沿った力の伝達を可能にします。無神経筋膜のもう1つの重要な特徴は、収縮中に下にある筋肉の体積変化に適応する能力です。



横方向では、コラーゲン繊維の束はコンパクトではなく、疎性結合組織が存在するため、互いに簡単に分離されます。



コラーゲン線維束のこの増加した動きにより、腱膜筋膜は、特に弾性線維が非常に少ないため、下にある筋肉の体積変化に適応することができます。



腱膜筋膜の適応性は、疎性結合組織との独特の関係に基づいていることは明らかです。いくつかの研究は、腱膜筋膜が豊富に神経支配されていることを示しています(平均体積分率、1.2%)。




胸腰筋膜、二頭筋腱膜、およびさまざまな網膜で、豊富な遊離およびカプセル化された神経終末(ルフィニ小体およびパチニ小体を含む)が発見されています。神経線維、特に血管の周りに多数あります。

病理組織レベルでもわかっているところはあるようです!!

少しでも、表層と深部の筋膜の関係を知っていただけたら幸いです。

閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page