top of page

大胸筋について

今回は大胸筋についてです



まずは起始停止をおさらい。


<起始>

鎖骨内側1/2

胸骨

第1~7肋軟骨

腹直筋鞘前葉

<停止>

上腕骨大結節稜



大胸筋は鎖骨部、胸肋部、腹部の3つに分けられ、肩関節のポジションによって作用が異なります。



<1st position>

●鎖骨部:肩関節屈曲、内転、内旋

●胸肋部:肩関節内転、内旋

●腹部:特別機能せず


<2nd position>

●鎖骨部:肩関節水平屈曲

●胸肋部:肩関節水平屈曲、内転、内旋

●腹部:肩関節水平屈曲、内転、内旋


<3rd position>

●鎖骨部:肩関節水平屈曲

●胸肋部:肩関節水平屈曲、伸展、内旋

●腹部:肩関節水平屈曲、伸展、内旋






大胸筋は停止部が特徴的です。よく言われていますが停止部が捻じれて付着しています。



荒川高光:大胸筋と小胸筋の筋線維の走行からみた運動療法. 理学療法学. 2010; 37,4: 263-265. より引用




上の図を見てもわかるように、鎖骨部の下に胸肋部が入りこみ、腹部繊維がさらにその下に入り込むという構造になっています。


この捻じれは、肩関節屈曲90度で解消され繊維走行が揃うと言われています。


なぜ、このような構造になっているかは明らかではありませんが、一説によると四つ足動物の名残だと言われていますね。。


四つ足の場合は肩屈曲90度が基本肢位に近くなるので、そこから二足歩行になるに従い上肢が下垂して捻じれた・・など



<臨床応用>

構造的を改めて見ると、大胸筋と一括りにせずそれぞれの走行に沿った評価とアプローチが必要だと思います。

また、滑走性は悪くなりそうなので、肩屈曲90度での運動エクササイズは効果的かもしれません。

肩の痛みがある人が肩屈曲90度で上肢の重さを取ってあげると楽になる人がいますが、大胸筋の構造も影響しているのかもしれませんね。そんなことを思いました!


臨床に生かしていきましょう


閲覧数:38回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page