12/26(日)

【オンラインセミナー】明日から新人でもできる!臨床におけるパッド処方

概要
臨床では患者さんの訴えや実際の機能を評価をして、どんな機能や筋収縮の回復が必要なのか、を分析します。その中でアライメントがどうしても崩れていてその修正がかなり時間がかかるケースもあるかと思います。重度な場合、靭帯が機能せずにグラグラな状態も珍しくありません。

徒手療法でも運動療法でもどうしようもないとき、パッド処方ならその改善したいものが改善できることも多いです。そして、本セミナーでは誰でも簡単に明日から実践できる処方の仕方をお伝えします!

 

 

こんな悩みを持っていませんか?

・入谷式インソールを受けてみたいけどちょっとまだ自分には、、、

・扁平足の介入したいけど徒手や運動じゃどうしようもない、、、

・なんとなくインソールやパッド処方に興味がある

・外来で膝OAの患者さんの痛みがなかなか改善しない、、、

・側弯症の歩行改善をしたいけどどこから手をつけたらいいか、、、

・最低限の足部の勉強をしたい

 

いずれかの悩みがある方はぜひご参加ください!!

 

講義内容

Ⅰ-1:インソールとは

Ⅰ-2:パッド処方における基礎科目

Ⅱ-1:パッド処方

Ⅱ-2:臨床で必要なもの、処方ポイント〜何をどうやって変えたいのか〜

Ⅲ-1:パッド処方でこれだけは知っておきたい解剖学

Ⅲ-2:舟状骨から紐解く

Ⅲ-3:立方骨から紐解く

Ⅲ-4:2-3中足骨から紐解く

Ⅲ-5:踵骨から紐解く

Ⅳ:   処方のノウハウv

開催日時・場所

○開催日

2021/12/26(日) 2時間

○場所

自宅などWi-Fi環境のある室内

○時間:

受付19時30分よりzoom起動可能 

セミナー時間20時00分~22時00分

*質疑応答などで時間延長となる可能性もありますが、その際は途中退室可

○対象

PT/OT/ST/

柔道整復師/自由診療で働いているセラピスト

○定員

30名まで

開催前日まで募集

○必要な物 *詳しくはセミナー案内時に

PC(Windows or Macでも可)

マイク、ヘッドセット、カメラ(PCにマイクやカメラが内蔵されていればそのまま参加可能)

○費用

リハスクオンラインサロン会員:0円(無料)

○申し込み方法

​開催前日に資料及びzoomURLが送られますので、希望者はそこから参加をお願いします。

講師紹介
20190911_053126004_iOS.jpg

安齋 将史

資格・活動:理学療法士、ショックウェーブ取り扱い、FreePTSalonメンバー、リハスク運営、スポーツ選手オンラインサポート、自費整体院運営

学生時も現在の臨床でも解剖学と運動学、生理学の重要性は常に誰かに言われるし、臨床に出てからは肌で実感していると思います。特に臨床では知っていても徒手療法や運動療法だけじゃどうにもならない部分もあります。そんな時に使えるのがパッド処方です。難しいことは考えずとも、普段大切にしている解剖学、運動学を利用することで十分効果が出ます。知識を応用して臨床で新しい見方をしていただけたらと思っております。