11/14(土)

【オンライン】感覚障害に対するアプローチセミナー

概要

感覚障害は、整形疾患・中枢系疾患いずれにおいても、臨床上良く出会う症状です。介入の中で何となく「感覚入力」という表現をすることは多いですが、「どのような感覚情報を、どこに、どの程度入力するべきか」について、適切な評価のもと実施していく必要があります。

 

本セミナーでは、短い時間の中ではありますが、感覚神経についての概要、感覚障害についての理解、アプローチの提案についてお話していきます。

 

 

こんな悩みはありませんか?

・感覚障害の症例に何をするべきかわからない

・感覚障害の病態が理解できていない

・感覚に関する神経解剖学や生理学に関しての知識が乏しい

・「感覚入力」と言い、何となく触れたり感覚刺激を入れたりするだけの介入になっている。

 

 上記に当てはまる人は参加をオススメします。

講義内容

①感覚に関する解剖学、生理学の概要

 

②感覚障害について(末梢性と中枢性どちらについても触れていきます)

 

③感覚障害に対するアプローチの提案

 

*本セミナーは、オンラインサロン(リハスク)のメンバーのみ対象として開催します。

*1.5時間のセミナーとなりますので、症例供覧などはありません。

開催日時・場所

○開催日

2020/11/14(土) 1時間半

○場所

自宅などWi-Fi環境のある室内

○時間:

受付20時00分よりzoom起動可能 

セミナー時間20時30分~22時00分

*質疑応答などで時間延長となる可能性もありますが、その際は途中退室可

○対象

PT/OT/ST/

柔道整復師/自由診療で働いているセラピスト

○定員

30名まで

開催前日まで募集

○必要な物 *詳しくはセミナー案内時に

PC(Windows or Macでも可)

マイク、ヘッドセット、カメラ(PCにマイクやカメラが内蔵されていればそのまま参加可能)

○費用

リハスクオンラインサロン会員:0円(無料)

○申し込み方法

​開催前日に資料及びzoomURLが送られますので、希望者はそこから参加をお願いします。

講師紹介

中嶋 侑

作業療法士 

​Doctor of Chiropractic(D.C.)

生活期で訪問リハビリテーション、自費リハビリテーションに従事。また、Chiropractorとして予防、健康普及活動に従事しています。

今回はサロン内勉強会ということで、質問も多い感覚障害をテーマにセミナーを行います。

短い時間の中ですが、末梢及び中枢の感覚神経路や特徴について触れていきたいと思います。また、臨床アイデアを提供し、明日からの臨床に役立てる内容にしていきたいと思います。よろしくお願いします。

© 2020 by Rehabilitation Square. Proudly created with Wix.com