top of page

肩関節の介入時にこれだけは注意したいポイント

肩関節の介入時に注意したいポイントです! 肩関節周囲炎の患者さんを担当することは多くあると思いますが、しっかりとそのフェーズごとに何が必要で何をすべきなのか、という臨床整理と説明ができますか? これができないと患者さんはただ不安と痛みに襲われますのでぜひできるようにしましょう! 【本題:肩関節の介入時にこれだけは注意したいポイント】 肩関節疾患として、肩関節周囲炎が王道ですがその周期で介入ごとの注意点というか安齋の独自の考えをここに記載します! 炎症期



拘縮期


回復期


【まとめ】 肩関節は非常に繊細な関節です! ただし、慎重になりすぎて筋力低下をしすぎると今後は回復期でのリハビリに難渋します。 見極めポイントを見逃さないように日々の臨床で注意していきましょう! それでは!!

閲覧数:53回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page