top of page
  • 執筆者の写真

研究の心得

研究を知らない人にとっては少しでも参考になるとことを記します。


「クリニカル・クエッションをリサーチ・クエッションを構造化する」


これが学習目標でしょう


まず大事なことは臨床の中でクリニカル・クエッション(以下,臨床疑問)が出るかどうか


闇雲に論文を集めて、データ収集しても何の意味もありません。


今目の前で、困っていることはなんですか?


それを文章化することから始まります。


この臨床疑問は現場いるあなた自身にしか思いつくことができません。



例を挙げると 「橈骨遠位端骨折の術後患者の機能障害について評価、治療法はたくさんありますが、患者のための改善につながっているのだろうか?」

これが、いわゆる。

臨床疑問です。

ものすごく重要なことなのです。

これはその現場で患者さんと関わっていなければ、思いつくことはありません。

では臨床疑問を考えた後…

すぐデータを集めるのは「まだ段階的には早すぎる」です。

臨床疑問は「研究の種」でしかありません。

ここから、臨床疑問を構造化していくのです。

したがって

①データを取ってから臨床デザインを考える ②リサーチクエッションが曖昧 ③対象とセッティングを明示しない ④主要な要因やアウトカムを設定しない ⑤変数の測定方法の信頼性・妥当性を検討しない ⑥研究の型や解析デザインを事前に決めない ⑦結果の解釈:臨床的・社会的な意味を検討しない

①〜⑦の計画が不十分であれば、取り返しのつかない失敗となります。時間を無駄にすることにもなります。


丁寧に計画した方が、最終的に楽になるというものです。これは自身においてもたくさん失敗をしてきたところなので、読者の方は失敗しないで進んで欲しいと思います。




閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【症例対照研究(しょうれいたいしょうけんきゅう、case-control study)とは】

分析疫学における手法の1つである。 疾病に罹患した集団を対象に、曝露要因を観察調査する。 次に、その対照として罹患していない集団についても同様に、特定の要因への曝露状況を調査する。 以上の2集団を比較することで、要因と疾病の関連を評価する研究手法。ケースコントロール研究、患者対照研究、結果対照研究とも訳されます。 ケースコントロール研究は、すでに疾病を発生しているケースが利用できるため、疾病の発生

Comments


bottom of page