6/26(土)

【オンライン】臨床に繋がる!運動機能セミナー

概要

臨床では少なからずどの疾患においても運動機能を高める必要性が求められます。では、運動機能とはなんなのか。筋出力、筋肉量、fascia、運動学習、固有受容器の状態、報酬系の関与、身体活動量、栄養などなど、実に様々な要素が含まれるかと思います。


今回は、要点を絞り運動機能を考える上で必要な要素について話をしたいと思います。

運動麻痺や術後、外傷後、などそれぞれの疾患特異性や対象者の持つ条件の違いはありますが、運動機能を高めるために必要な基礎となる知識や技術に関しては不変的であると考えます。これは、健康増進やスポーツパフォーマンスを向上させる上でもやはり必要な知識になるかと思います。

短い時間の中ではありますが、生理学的視点、解剖学的視点、脳科学的視点、から運動機能についての概要、理解、アプローチの提案について要点を絞ってお話していきたいと思います。

 

 

こんな悩みはありませんか?

・身体機能を向上させたいが、何をすべきかわからない

・介入では何となくモビライゼーションなどを毎回している

・運動学習について知りたい

・運動に関する生理学に関して整理したい

 上記に当てはまる人は参加をオススメします。

講義内容

・運動機能に関する概要(解剖、生理、脳科学的視点から)
・運動機能を高めるために必要な要素
・徒手的刺激が運動機能に与える影響について
・アプローチの提案

 

*本セミナーは、オンラインサロン(リハスク)のメンバーのみ対象として開催します。

*テーマが大きいので、要点を絞った内容となります。

*トレーニング方法などに関する内容ではありません。

開催日時・場所

○開催日

2021/6/26(土) 1時間半

○場所

自宅などWi-Fi環境のある室内

○時間:

受付20時00分よりzoom起動可能 

セミナー時間20時30分~22時00分

*質疑応答などで時間延長となる可能性もありますが、その際は途中退室可

○対象

リハビリスクエアオンラインサロンメンバー限定

○必要な物 *詳しくはセミナー案内時に

PC(Windows or Macでも可)

マイク、ヘッドセット、カメラ(PCにマイクやカメラが内蔵されていればそのまま参加可能)

○費用

リハスクオンラインサロン会員:0円(無料)

○申し込み方法

​開催前日に資料及びzoomURLが送られますので、希望者はそこから参加をお願いします。

講師紹介

中嶋 侑

作業療法士 

​Doctor of Chiropractic(D.C.)

生活期で訪問リハビリテーション、自費リハビリテーションに従事。

また、Chiropractorとして予防、健康普及活動に従事しています。

今回は運動機能をテーマにサロン内勉強会を行います。

運動機能を高めるためには様々な角度からの視点が求められます。

臨床アイデアも提供できればと思いますのでよろしくお願いします。

© 2021 by Rehabilitation Square. Proudly created with Wix.com